エイジングケア美容液で刺激をカット|永遠に美しく

ウーマン

外部の刺激に反応する症状

顔を触るレディ

早く症状を治すべき

日本人に多い国民病として、花粉症があります。花粉が大量に舞い始めると、自律神経が乱されてストレスを強く感じるようになります。そして、鼻水やくしゃみ、目の充血などの症状に悩む方は多く見られます。これ以外にも、実は花粉症には健康な肌を敏感肌にしてしまう恐れがあります。その理由は、花粉症で頻繁にティッシュで鼻をかむことで肌荒れが進行するからです。さらに、花粉症対策としてマスクを着用すると、慢性的に肌と摩擦が起こります。その結果、肌内の水分が不足することで、皮膚自体のバリア機能が次第に弱まります。そして、外部から肌が刺激を受けやすくなるため、乾燥、痒みなどの敏感肌の症状が起こるのです。敏感肌を防ぐには、保湿ケアが必要となります。

化粧水でケアできる

毎年、春になると、花粉症による敏感肌で悩む方が急増します。症状を防ぐには、まずマスク、メガネなどでなるべく花粉に触れないようにすることが大事です。そして、普段のスキンケアで十分時間をかけて保湿ケアをすることです。春の時期の肌は、冬の冷たい空気、乾燥のせいで、肌内の水分が不足しがちです。なので、花粉による刺激がとても大きくなります。ですが、丁寧に保湿して肌内に必要量の水分を溜め込めば、肌のバリア機能が正常になります。その結果、花粉のダメージも比較的少なくて済みます。昨今では、保湿力の高い化粧水、パックや美容液がリーズナブルな価格で販売されています。面倒くさがらずに丁寧にケアすることで、美しい肌を維持できます。